プロフィール

埜鷹

  • Author:埜鷹
  • since:2004/11/12

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

白く、近く、柔らかに。

森博嗣 - 著作物

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

空想と妄想の境界線
どうせなら、手首より首が良い。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

視界を広げよう。そして手元を見よう。
最近は読書範囲を広げていない。再度模索しようか。
空想と妄想の境界線。

本自体はよく読む。余り時間などに暇を潰す程度だが。
ただその対象が過去に読んだ自分の好きな本ばかりになってしまっている。
停滞は死だ。早めに改善しよう。

とりあえず区内から脱出する形で古本屋の情報を3つ獲得。
まぁすべてブックオフな訳だが。
こういうのは環境を変えることで食指の動きが変わる。
その店舗の風とでも言おうか。
身体に突き刺さるインスピレーションに違いが出るものだ。
趣味趣向をも切り離すほどの衝撃を期待しながら周遊しようと思う。
どうでもいいが、今「しながら」と打つ時に「しながわ」と自然に指が動いた。
…別に意味はない。

そんな話の途中だが停滞するつもりもまた強くある。
新たな世界ではなくある意味見知った空間を楽しみにしているのだ。
その理由が森博嗣氏の新作「τになるまで待って」。
予定表で3ヶ月くらい前からその存在は把握していた。
それが気がついたら発売まで一週間を切っている。こんなに嬉しい事は無い。

森博嗣氏の著書を読むのはこれで36冊目ほどになるのか。
もちろんまだ読んでいないものもあるが飽き性の私が良く続いたものである。

私がそれほど惹かれている理由はミステリーという認識よりキャラクターの魅力のためだと思う。
基本的に創平君萌えである私だが、たまには「簡単なことよ。」とか言ってみたい。
もしくはポカーンとしながら彼、彼女等の話にただただ聞き入ってしまう刑事になりたい。
立松になりたい。鵜飼になりたい。端役でもいいからその人格に触れてみたい。
そう思わせるほど心奪われてしまっている時点で私の敗北は決していよう。

そのような状態だからミステリーであっても謎を解こうなどと考えながら読みはしない。
もちろん全否定しきれる物ではないので曖昧には考えてしまうが、
基本的に登場人物たちの一挙手一投足に注目して読んでいる。
よって私に対する著書の感想としてミステリーについて語るのはナンセンスだ。
ナンセンスと言いたかった。それほど強く否定するつもりは無い。(*´∀`)
だから謎解きの関しても簡単に納得し、自分勝手な読後感を堪能している。
なんて著者に都合のいい読者だろうか。私の優しさが滲み出る現象の1つと言えよう。

そんな本に出逢ったのは埼玉時代の地元の図書館だった。
その蔵書量には今も後ろ髪を引かれる想いだ。
現在の居住地である川崎市の図書館を3つ合わせても勝負にならない。
今をもって埼玉への帰郷を望む唯一の心の声、それがあの市立図書館である。

話が逸れたがとにかく楽しみだ、という事だ。
九月になるまで待って、と言われてじっくり待った。後は期待するだけである。

鳴くよ 男が にゃ~にゃ~と。
最近、唐突に「にゃ~」と鳴いている自分に気付きます。
埜鷹です。こんばんわ。

困ったものである。
主にフラストレーションが溜まった状態でその現象は起こっているようだ。
さすがにこの状況は見過ごせない。
まだ<語尾につける>状態までは至っていないので意識的に消去していこうと思う。

しかしこれは仕方が無いのかもしれない。
生粋の萌えキャラである私としてはこのような行動が世界から要求されてしまう。
今回の行動も私の身体的変化というより世界からの影響が大きいと予想する。
病んだ世界を癒そうと。
小泉ではダメだと。
世界が私にそう言っているのかもしれない。

という流れから衆院選の話を書こうと思っていたが変更。
「にゃ~」について書こう。

私のこの行動はある人物の影響であると思われる。
その人物とは遠い昔に私と二人の時間を共有した人物である。

現実を認識している二次元ヲタは言う。
「こんなキャラ実際にはいねぇよ」と。
確かにその通りだ。脚色の強い造形が多い事は確かだ。
だがそれが確実にいないとは言い切れない。一端を垣間見る事は比較的容易だ。

姉や妹の着替えを偶然見てしまうこと然り。
そして「にゃ~」と鳴く女もまた然り。
現実にちゃんと存在するのである。

とはいえその人物との関係は今をもって何も残ってはいない。
それにもかかわらず、何故今になってその影響を受けるのか。

思うに私の脳のデフラグが正常に作動しなかった為ではないか。
本来ならば快い思い出を前面に残し、悲しい思い出を深く仕舞い込む。
だが今回は良いも悪いもまとめて奥底に沈み込ませ、
「にゃ~」だけが前面に取り残される結果となっているように思える。
そのために彼の人物は私の中で「にゃ~の女」という認識になっている。

これは非常に心苦しい状況と言える。
彼の人物との関係には大切なものが多く紡がれた。
それと同じほどの苦しさもまた紡がれた。
私はその両者を切り捨てるつもりはない。
誇るべきことではない、だが悔むつもりもないのだ。

もう一度、今度は自らの意志を持って、記憶の再構成処理を行おうと思う。
どうかこの眠りの中で、再びあの笑顔と泣き顔に出会えますように。

お休みなさい。

40時間、戦えますか?
祭の準備、最終調整実行中。
空想と妄想の境界線。

お祭前日と言う事で掃除洗濯に追われながらも頑張っている埜鷹です。

そんな訳である程度の情報収集も行っています。
今回のスケジュール変更は1点。
7ヵ月ほど放置されていた注目絵師のHPで唐突の参加告知。
委託ということですがいきなりだったんでびっくりです。

場所は東"A"14aという事で…。
('A`)ア"-。 壁だーお。

結構有名そうな気がするので早々に向かう必要があるかも。
行動方針を変更する必要がありそう。
それでも行かない訳にはいくまい。
FJがお気に入りな私としては避けて通るなど不可能だ。

しかし前回の冬も今回と同じ2点のためだけに祭参加したんだよなぁ^^;
通販とか待つ方が効率的だろうに、何やってんだか。

とりあえずこれで1000円の出費増加。
委託だし、場所を取っているサークルのも感謝の意を込めて買うとしたら2000円か?
さらに前に書いた確定分1000円と合わせて3000円の出費確定です。
移動費が610円*2で1220円と合わせて4220円。
後は飲食代で1000円くらいか。5220円。
まぁこの程度の出費なら安い方だな。
一般的な数値として数万から十数万っていう猛者までいるようだし。

これで基本的な情報収集は終了。
あとは当日のインスピレーションで失敗することが目的だ。
まったりのんびり楽しもう。

あとの案件は出発時間だな。
急げば8時には着けるだろう。しかしその後の待機列は苦行だ。
10時くらいに着くように調整しようか悩む所だ。
まぁどちらにしろ個人行動な訳だからその場の判断で行動しようと思う。

さぁ約40時間の耐久レース。精々頑張ってみる事にしよう。

スケジュール変更は突然に。
さぁさぁ面白いスケジュールになってきました。
空想と妄想の境界線。

唐突の連絡。お仕事の連絡。
同僚事故った━━━(゚∀゚)━━━ !!!!!

日曜の深夜業務の代理役、当確キタ━━━(゚∀゚)━━━ !!!!!

土曜は寝ずに遊ぶ予定。
日曜はお祭参加。帰宅後職場に向かって朝まで作業。

………え?
ワタシハイツネレバヨイノデスカ?

ちょ、ちょっと待ってくれ…。

ど う し た ら い い ん だ

ECOの感想でもそろそろ書こうか。
単一サーバも悪くはない。
空想と妄想の境界線。

さてさて先日から軽い気持ちで参加しているECOである。
基本的な操作感はだいたい掴んだ。序盤の進め方も認識したが
いかんせん時間が無い。まだ転職すらできていないのが現状だ。
とりあえずいける範囲でマッタリとしている訳である。

クローズドβテストだから仕方が無い事ではあるが
ECOでは現在参加できるゲームサーバが1つしかない。

これは少々問題だと思っていた。
やはり人が多いのである。
初期行動範囲は人で溢れ返っている。誰もいない場所なんて無いくらいに。
正直狩りもしにくいし辛いなぁと思っていたわけであるが、それはそれでありかもしれない。

人が集中すると言う事は当然なかなか会えないようなネット上の有名人なんかも見かけたりする。
某猫の偉い人とかの名前を見つけてニヤニヤしたり。(有名な名前なので本人とは限らないが)
ただ偶然見かけたフォート氏だけはガチで本人だと確信している。
現在別のゲームでメインキャラとして使用しているキャラと冠名が同一である事。
なによりAFKを装った私の周囲で挙動不審に近づいたり離れたりして様子を伺っている様が証拠だ。
私のキャラはいつもの事ながらひらがな四文字であり、通常あり得ない文字列である。
つまり私の事は一目瞭然で本人と確信できる要素が強い。
それゆえに陥った行動ではあろうが楽しませてもらいましたよ、フフフフ。
今頃は必死で死闘を繰り広げているのであろうが心の中で声援を送っておこう。

こういった楽しみ方はサーバが分散してくるとなかなか出来るものではない。
すべての人間が同一の選択をする訳ではないのだ。されても困るが。
このような今だけの楽しみを堪能しつつもう少しマッタリしようと思う。

とりあえず不具合報告より前にスタック報告をする羽目になるとは思わなかったorz
ログインすると電柱と同一座標でゲームに復帰し、
その場でだけなら走るモーションを取るが実質的には動かない。
駆け足足踏みを周囲から観察される状況は恥ずかし過ぎて笑えた。
どのような問題によってそのような事態に陥ったのか、分析はできないが
このような不具合が調整され、より良いMMOとして進歩していって欲しいものである。

MMOの乱立する昨今、無駄の少ないシンプルな構造はとても評価している。
入れ替わりの波に飲まれずに戦い抜いてくれれば良いのだが。

雨は嫌いじゃない。でも出かける時はちょっとね。
芳しくない天気が続きそうです。
空想と妄想の境界線。

┐(´~`;)┌
せっかくのお盆にピンポイントで雨はきついですねぇ。
久しぶりの上京になるはずが、
正直、朝に降雨を確認したらその場で上京を断念しそうです。

到着時間を考えると大体9時~10時、
多少遅らせてすぐに入場できるようにしても雨の影響は避けられまい。

「もう、悩むのやめるか!?
 もう、行くのやめるか!?
 今、行くのをやめれば……雨具の新調とかしなくていいんだ!!」

( ´ー`)y-~~

大分私の方も壊れてきているようですね。
平均睡眠時間が3~4時間で安定してきている状況は見過ごせないものかもしれない。
おかしいよね。3~4時間でさらっと目が醒めてしまうんだもの。
疲れてる事が実感できるくらいなのに、
起きても全然疲労が回復してないって理解できるくらいなのに。

そりゃ漫画に癒しなんか求めちゃったりしますよ。
みなみけやARIAで癒しの5分チャージですよ。
そしてからくりサーカスや吼えろペンで燃え分の5分チャージ。
この合計10分チャージでサラリーWarsを戦い抜きますよ。

そんな私の心の植林行為を邪魔しないで下さい。天気の神様。
高木ブーさんに言えば良いんですか?
どうか私が優越感に浸る空間を不快感で包み込むような事はしないで下さい。
どうかお願いします。

この想い、貴方へ届けと 夏の空。
空想と妄想の境界線。

「良い旅を」って良い言葉だ。
22歳未満閲覧禁止第2段。
空想と妄想の境界線。

と言う訳でコミケ記事第2段。
以前に挙げた物以外を書いてみよう。

などと言いながらも3つだけでもう出し尽くした感じではある。
正直注目しているものが無い。
私が一般人だから何に注目するべきかすら分からないためだ。
きっと玄人にはたくさんの注目物があるのだろうが、
一般人らしく生暖かく観戦しようと思う。

とりあえず目的として企業ブースを挙げてみよう。
私としては内容よりもデモムービーに注目。
去年の冬はたまソフトのコミケ限定デモムービーが見れた。
あれは公開されているものを大きく上回るほどの熱量を持ったものだった。
なぜあれを公開しないのだ!と公式で叫びたくなるくらいだったので今年もいろいろ期待しよう。

あの場所に集まるのは大概18禁ゲームだろう。
よって内容にはまったく着目していない。
ただそれをどのように映像として表現するのか、それに着目しているのである。
しかしながら事前の情報収集は一切しない。
その場で良し悪しを判断する。それが私の正義。
書店だろうがレンタルビデオ屋だろうがコミケだろうが変わらない。
その場のインスピレーションによって決断を下すのが私の流儀だ。
前回のレヴォではそれのために読んでも意味も分からない二次創作物を購入してしまった。
しかしそんな中でしか得られないものが確かにあるのだ。
リスキーな世界にしか可能性はないのである。
新しい「道」を求める同士には是非実践してもらいたいものである。

また長くなりそうなので以下羅列して終わろう。
・イニG
 普段笑わせてもらってるんでお布施する…かも。
・探偵ファイル
 ネタ?売り子を見るだけになるかも。
・07th Expansion
 ひぐらしは押さえておかなければならない気もするが
 非常に混みそうな気がするので諦めるかも。
・フランスパン
 RBOの追加ディスクは魅力的だがやっぱり混みそうなので回避か?
・さやさや
 初日は参加しません。3日目に再販売希望(ぉ

この程度か。
改めて見るとやはりわざわざ参加するほどの欲求が無い事が理解できる。
まぁお祭りだし、細かい事は忘れましょ。
当日は会場に溢れ返る様々な電波から興味関心を抽出しようと思う。

全国の参加者達に。Cool Runnings. または bon voyage.

来年の話でも鬼は笑わない。
ストーブリーグが文字通り熱い熱い。┐(´~`;)┌
空想と妄想の境界線。

F1GPのストーブリーグが面白くなってきました。
以前にも挙げたかもしれませんが私は週間エフというネット情報誌を愛読している。
その中でもいろいろと取り上げられていました。

中心はバトンの去就だが、その影響を受けるBARは大変な状態だ。
候補だけで5~6人いるようだが私の希望としては琢磨、バリチェロ体制かな。
アンソニーも見てみたいがやはりアマプロ対決は興味深い。
1度は険悪な関係になった二人がチームメートとして上手くやっていけるのか見物だ。
とはいえバリチェロのアマチュア発言も昔の話。今まで引きずっているとも思えない。
何気に良い雰囲気で戦えるのではないかと。
ベテランのバリチェロの存在はBARには良い影響を与えるような期待がある。
今年は雑多な要因で苦しんでいるBARだが
潜在能力はトップチームに引けを取らないものだと私は思っている。
バリチェロならそれを安定した力としてもらえるような気がするのだ。

さらに言うと私も日本人である以上、日本人初優勝が見たい。
琢磨が外されるような状態は少々悲しいのだ。
実績としてはバリチェロにもバトンにも負けているのが実情だとは思うが
もう少し今後の成長を信じていたい。
現状の攻め過ぎてはいけないF1は琢磨の走りに合わないように思う。
だがそれは琢磨の走りが悪いとは思わない。
琢磨の良さが失われない形でのF1になればいいのだが。

正式な決定がいつになるのかは分からないが
その結果には注目して待とうと思う。
頑張れ、琢磨。そしてクルサード。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。