プロフィール

埜鷹

  • Author:埜鷹
  • since:2004/11/12

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

白く、近く、柔らかに。

森博嗣 - 著作物

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

空想と妄想の境界線
どうせなら、手首より首が良い。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日付指定は便利だな。
諸事情を踏まえて、頭に浮かんだ事を羅列。

・このブログのタイトルについて。
空想と妄想の差とは、私が考えていたものより遥かに小さなものではないのか。
妄想と暴走の差に比べれば僅かなものだ。

・図書館の最も大きな問題点は検索性が乏しい事だ。
この問題に影響を与える要因として、図書館の特徴でもある「情報の蓄積」が挙げられる。
蓄積する事と同時に刷新する事も行うべきなのだ。
80年代の書物を混同して置いている現状はいかがなものか。
ある程度の時系列的な区分けは必要だと提起する。

・セクハラという言葉の性区別が無くなっている現状は喜ばしい。
同様にドメスティックバイオレンスなども改善している。
被害を受ける対象が女性であるとは限らないのは当然のこと。
風潮に流されて思い込む事ほど恐ろしい事は無い。更なる風潮の打破に期待。
男女平等を訴えながら結論だけ見れば女性重視な意見も恥ずかしいので止めて欲しい。

・漫画「ARIA」や森博嗣氏の小説によって、私はカタルシスを得るのだ。
ただカタルシスという言葉が使いたかった。特に反省もしていない。

・本屋や電気屋など、何か買い物をしようと店の中へ入った時。
私の癖なのかなんなのか、どちらにしようか…などと考え事をする際に
私はなぜかブラウン運動のごとき不規則な移動を行う傾向にある。
物思いに耽りながら店内を闊歩するのである。
店側から不審者と識別されても仕方が無い状況だ。
改善するべきか…いやしかしあの心地良さもまた捨てがたい…。

・私が最近改善したことに…が挙げられる。
改善した事を隠している訳ではない。
三点リードを使うようにした、ということだ。
特に気にしていなかったので今までは・・・と・を3つ並べて済ませていた。
書いていて嫌な文体になったので訂正しよう。
特に気にしていなかったので今までは「・・・」と「・」を3つ並べて済ませていた。
別に行数を増やしたかったから前の文を訂正せずに記述し直したのではない。
決してコピー&ペーストした訳でもない。判断は己の中に。
しかしこれは改善と呼べるものかどうか。
少なくとも「善くなった」と認識できるような変化はない。
しかしこういった小さな変化が「生きる」ということなのだろう。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hawker.blog2.fc2.com/tb.php/77-4e435f96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。