プロフィール

埜鷹

  • Author:埜鷹
  • since:2004/11/12

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

白く、近く、柔らかに。

森博嗣 - 著作物

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

空想と妄想の境界線
どうせなら、手首より首が良い。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

壊してはいけないのだ、良いものは。
どのような意図があろうと破壊は破壊という結果しか残さないもの。
空想と妄想の境界線。

と言う訳でロンドンの多発テロについて。
既に死者も出ているようで、ご冥福をお祈りいたします。

サミットが開催されている事が主要な理由付けではあるでしょうが、
このタイミングでのテロは苦々しいです。
オリンピック開催地として決定した矢先の事であることもそうですし、
全英オープンゴルフ開催間近であることも影響を受けそうです。
なにより明日から開催されるF1イギリスGPはその影響が計り知れない。
アメリカの9.11テロは3週間後の開催だったので警戒を強めるだけに済みましたが、
翌日に行う事ができるのか、正常な形で開催ができるのかとても心配です。
何故か様々な外因に晒され続けている傾向がある今年のF1ですが
一人の観客として楽しめるGPを期待しています。

破壊される街は見ていて心苦しいものがある。
イギリスの「良いものは変えない」というスタンスを高く評価している私としては
このような外的要因でそれが破壊されるのは見ていて許せない。
世界中で多数の抗争によって破壊される文化遺産があるが
それらの価値を理解できない者に同情する気にはなれないのが私の考えだ。

不特定多数を対象とするような方法も気に入らない。
狙うなら国家中枢を狙うべきだ。それ以外は自らを貶める以外の効果は無い。
現状の資本主義主軸の時代、国家間構造の問題点が大きいのは理解できる。
しかしこのような方法で解決できるものではないのも事実だ。
解決に繋がる道はどれか。
征服か、隔絶か、完全な提供か。もしくは転覆か。
どれか一つが実現するまではこの問題が解決することは無い。

本当に不自由な世界、中途半端な世界である。
利己的な偽善が導いた現状はもはや覆る事も無いだろう。
期待できるのは隔絶か。星間規模での隔絶が可能になれば変化もあろう。
早期実現を期待するしかない。これは最も愚かしい方法である事は明白だが…。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hawker.blog2.fc2.com/tb.php/70-b9af7c2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ロンドンでテロ!!

昨日、2012年の夏季オリンピック開催地に決まったロンドンで、今日、同時テロが発生し、多数の負傷者が出てます。。。 現時点では、1000人以上の負傷者が出ているとの事です。。。------------------------------ 【ロンドン たまちゃんのてーげー日記【2005/07/08 01:59】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。