プロフィール

埜鷹

  • Author:埜鷹
  • since:2004/11/12

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

白く、近く、柔らかに。

森博嗣 - 著作物

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

空想と妄想の境界線
どうせなら、手首より首が良い。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未来を想いながらも、今を楽しむ。
予想外の悲劇に心痛めながらも、それでも次に期待する者達の集い、
空想と妄想の境界線。

というわけでF1フランスGPが行われた訳です。
正直、辛かったですね。
途中で眠気に襲われるほど楽しくないGPでした。
深夜帯で正常なレースも出来ていなかったアメリカGPの方がまだ楽しめた。

塞いでしまったトゥルーリを責めるつもりはありませんし、
抜けなかったフェラーリ陣を責めることもないでしょう。
これが今のF1の限界、前々から分かっていたことですから仕方が無い。
フランスGPはさっさと諦めて次に期待したいと思います。

モータスポーツとスポーツの違いとして、道具の性質が挙げられます。
一般的なスポーツは競技における道具の価値が人間より低い。
人間の能力を高めるための努力が続けられ、今後も継続されるでしょう。
ただモータースポーツについて、更に言えばF1に限定されることでもありますが、
F1ではマシン(道具)の価値が人間より高く影響する。
マシン開発能力も含めた団体戦である訳だからそれ自体に問題は無い。
ただ人類の科学技術の発展速度が問題となって表れる。

端的に言えば技術力が高すぎるのだ。
最高水準の技術力を持って生み出されたマシンに人間は乗れない。
搭乗者への負荷が大きすぎるのだ。マシンの性能が人間の限界を超えてしまっている。
その為、レギュレーションとして使用可能な技術を制限する。
制限された中で最善の方法を模索するのが現状の技術競争である。
上限を押さえ付けられている状況が他のスポーツとの違いであり、
F1の抱える問題の難しさを表しているのである。

技術力の向上と同様にF1を制限するものにサーキットの存在も大きい。
過去には十分な存在であったサーキットも現状のマシン性能からすれば狭すぎる。
抜きづらいサーキット、などと表現される場所が多いのはその為だ。
現状に見合ったサーキット、または数十年後の技術力を予想した上で走行可能なサーキット。
そういったものが作られない限りレギュレーションによる誤魔化しの終わることはないだろう。

それらの問題点を打破するための方策について。
今後のF1において重要な事はNASAとの関係であると私は提起する。
具体的に言えば「重力制御」と「航空能力」である。
人間としての限界、それは加減速時とカーブ時のGが最も大きな壁である。
最高技術のマシンでカーブを曲がると首の骨が折れるなどと簡単に言われる世界で、
その問題をクリアするには重力制御しかあり得ない。

さらに航空能力。これは技術力の向上を考慮するとこれしかない。
技術力の向上は、人が合わせられるほど遅いものではない。
その都度合わせようとしても不可能だ。よって拡張性の高さが重要になる。
地面を使用していては限界だ、大地は有限であり人間の歴史を詰め込んで不自由極まりない。
空いているのは空である。
スキー競技を想像して頂ければ理解の助けになるか、
迂回ポイントをポールで表現することでコースを規定すれば問題はない。
更に技術進歩に対しても、コースを規定するポールの設置位置の変更だけで対処が可能となる。

以上の条件をクリアすることでF1はF1として本当の意味で競い合う事ができるようになる。
恐らく遠い未来においてはそのような光景どころか
宇宙空間を飛び交うようなレースが実現しているだろう。
そのような光景が私は見たい。まさにファミリーコンピュータの世界だ。
私に見る事は叶わないだろう。孫でも難しいかもしれない。
それでも私はF1を見続ける。
混迷の中どのような道を辿るのか、期待と焦燥に揺れながら
それでも楽しむ事を忘れずに。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hawker.blog2.fc2.com/tb.php/67-36d1bb5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。