プロフィール

埜鷹

  • Author:埜鷹
  • since:2004/11/12

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

白く、近く、柔らかに。

森博嗣 - 著作物

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

空想と妄想の境界線
どうせなら、手首より首が良い。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒーリングコミック
擬人化煙草まとめサイト -Cigarettes Girls-の改装が終わったようです。
埜鷹です。こんばんわ。

キャメルさんがまた良い味出してますねぇ。
ぬいぐるみにしたい感じ。車に乗せておきたいね(*ノノ)キャー
とはいえキャメルを吸う事はないでしょうが(ぉ

煙草の話は後ろ暗いので簡単に切り上げて、
今回は趣旨をちょっと変えてお気に入りの漫画の話をしようと思います。

ARIA.jpg

コミックブレイドで連載中、天野こずえさんの「ARIA」です。

テラフォーミングによって開拓された火星、「AQUA」を舞台に
一流の観光用ゴンドラ漕ぎ(ウンディーネ)を目指す少女の物語。
日々の有り触れた、それでいて気づき難い幸せを一つ一つ丁寧に描き出す名作。
読んでてちょっと得をしたような気分になれる、そんな漫画です。

私がこの作家さんを知ったのは結構昔のことです。
当時ガンガンに掲載された読み切り(前夜祭か夢空界)を発見してそれ以来追いかけていますから
もう10年前くらいのことになってしまうでしょうか。
あの当時はファンタジー要素が多かったですが
それでも今と共通する面も垣間見えていました。
そういう面をもっと前面に押し出して欲しかったので
今の作風は私としては大歓迎。絶賛応援中であります。

私と言う人間の欠点として「ネガティブな思考」があります。
なにかを評価するときも知らぬ間に減点方式になっていたり、
良い思い出はすぐ忘れるくせに悪い思い出を引きずってしまったり。

そんな自分を矯正しようと努力は続けていますがそうそう簡単に人間が変われるわけも無く、
この漫画の「シンプルなポジティブさ」に触れることで心のリフレッシュを図っているわけです。
もう何十回読み返したかも分らないくらい読んでますが、
それでも飽きるなんてことはありませんね。

「雰囲気だけの漫画だ」なんて言う人もいるかもしれません。
でもこの雰囲気を作り出せるだけでそれは多大な価値があるものです。
そこから読み取る事ができるかどうかは読者の心次第でしょう。
※「雰囲気漫画」という言葉を差別用語として使う人が多いですが
 私は「誉め言葉」として使っています。
 雰囲気を作り出すというのはとても難しいことですから、素晴らしい技術だと思います。
 (余談。陳腐と言う言葉も誉め言葉でしょう。)

「ヒーリングコミック」なんて謳い文句で飾られていますが、
もう癒されっぱなしです。天野様万歳。足向けて寝られない。

読んだ事の無い方は一度読んでみる事をお薦めします。
本を開けば、なんだかとっても摩訶不思議。な気分に浸れることでしょう。
あーそれと編集部は早急にアリア社長ぬいぐるみの再販計画を立案すること!
('A`)前回の買い損ねたーよぉ。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hawker.blog2.fc2.com/tb.php/46-3e25619e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。