プロフィール

埜鷹

  • Author:埜鷹
  • since:2004/11/12

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

白く、近く、柔らかに。

森博嗣 - 著作物

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

空想と妄想の境界線
どうせなら、手首より首が良い。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日・食!日・食!
日食です。日食でした。埜鷹です。おはようございます。

という訳で今日は日食が観測できる日でした。
場所はニュージーランド付近から太平洋を横断して南アメリカ北部にかけて。
Yahooのトップにもニュースが出てましたからご存知の方も多かったと思いますが
Live映像が公開されていたので寝ずに見てました。

期待してた金環日食は以下に。

Drings.jpg


静止画像ではあまり面白くもないでしょうが、
Liveではゆっくりと翳っていく太陽と繋がっていくリングがとても神秘的でした。
皆既日食後に見られるダイアモンドリングもステキですが、
金環日食もそれに負けないくらい素晴らしい天体現象かと。

ついでに言うとこういう時に2ちゃんねるって素晴らしい。
実況スレも同時に見てましたが金環日食後にさくっとストリーミング映像を動画として
提供してくれる有志の方なんか現れたり。
即座にDLさせて頂きました。どうもありがと~(´▽`)ノシ

金環日食とは
月と太陽の位置関係によって月が太陽より小さく見える時に起こる現象です。
画像でも分かる通り、月で覆い隠せない部分がリングのように残る状態を指します。
ダイアモンドリングが動の輝きだとすれば
金環日食は静の輝きという印象でしょうか。
皆既日食より金環日食の方が風情があってステキです。

この映像を見るまでが長かった。。。
ストリーミング映像もなかなか変化が無かったり、
唐突に町並みの映像に切り替わって日食がどうなってるのかやきもきしたり、
ストリーミングで拾われてないと思ってるのか、
現地の撮影スタッフのトークがダラダラと流されてたり。
木村君頑張って!とか・・・さっきはキツイこと言ってごめんね。とか
そっちの方が気になって気になって仕方が無いです!

まぁ素晴らしい映像を楽しませていただいて感謝感激なのは事実です。
現地で活動なさってた方々には心からの感謝と労いを贈りたいと思います。
お疲れ様でした!

次回の金環日食は半年後、10月3日にアフリカであるとのこと。
次回も期待してますので是非よろしくお願いしますというところか ふふふ。

宇宙というのは夢が広がる空間ですね。
人を拒絶するかのような環境において、人はどこまで適応できるのか。
天文学、宇宙工学は現代の冒険の代名詞かもしれません。
いつか私もそういったことに携わってみたいなぁ、と今更ながら思うわけです。
(できるかどうかは分かりませんが。)

またいろいろ調べてみようかな、と気持ちだけ先行させつつ、
とりあえず今度宇宙戦艦ヤマトでも久しぶりに見よっと。
まぁヤマトでなく機動戦艦ナデs(略

大宇宙に想いを馳せつつ、今回はこれにて終了で御座います。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hawker.blog2.fc2.com/tb.php/4-f5c5f061
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。