プロフィール

埜鷹

  • Author:埜鷹
  • since:2004/11/12

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

白く、近く、柔らかに。

森博嗣 - 著作物

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

空想と妄想の境界線
どうせなら、手首より首が良い。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マビノギ小話2
興が乗ったので、連続更新します。(だいたひかる風)
・・・。
自分に合わない書き出し使うとなんか続かなくて困ります。埜鷹です。こんばんわ。

前回に続いてマビノギ話。

まぁ、街は暴徒で溢れ返っているわけですが、
流行に遅れてはならないとばかりに私も参加。

ボロボロとアイテムを入手しつつそれに何の意味があるのさえ分からない。
こういう感覚は久しぶりで新鮮です。
RO初期もこんな感じで彷徨いましたねぇ。

マビノギでは、唐突に鳥がクエスト内容を届けてくれるシステムがあります。
これってとてもよいですね。

とりあえずそれをやってゲームに慣れることができます。
クエスト内容とどうするとそれが達成できるのか、簡単なヒントを与えるとともに
クエストを通してゲーム内でできることを順次教えてくれるわけです。

内容としても羊の毛を刈って糸を作ろう!とか
木の実を集めて○○さんに届けよう!みたいな健全なイメージ。
やってることは羊の無断借用やら街路樹の殴打なわけですが。

そういった初期クエストに関して総評すると、
簡単で楽しい、良い。という感じ。

ただお店で販売されている装備類がちょっと高いなぁとも思う。
まぁROと大差はないわけですが、多少根気がないと先には進めないので
ライトユーザーを自認する身としてはそこが壁になりそう。

基本的にのんびりした雰囲気を重視しているようで(街には殴打音が絶えませんが)
クエストもそういったものが中心になっていくよう。
こういう路線は好きなので継続してくれるといいな、と個人的には思います。

ちょっと眠気とか危険な状態なのでここで打ち切り。
次回も更新できますよう、一時終了と致しまーす。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hawker.blog2.fc2.com/tb.php/34-8d5a7f17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。