プロフィール

埜鷹

  • Author:埜鷹
  • since:2004/11/12

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

白く、近く、柔らかに。

森博嗣 - 著作物

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

空想と妄想の境界線
どうせなら、手首より首が良い。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

接近遭遇
小春日和という言葉が実感できる今日この頃、いかがお過ごしでしょうか、
埜鷹です。こんばんわ。

春。道々の芽吹きに目を細めつつも
下ばかり見ているような余裕のない時世が恨めしいこと。
若々しい緑に資本主義の弊害を思う私の心はいかがなものか。
子供のように、
世界を一変させるような何かを無意識に期待してしまいます。
UFOとか本当に大挙してきてくれたら世界も変わるだろうか・・・。

というわけで今回のネタに強引に繋ぎます。
今回は「接近遭遇」についてです。
「接近遭遇」
映画「未知との遭遇」で一般化した言葉である「第三種接近遭遇」。
聞き覚えている人も多いでしょうが、この言葉の「第三種」という部分は
もちろん他に第一種やら第二種があることを表していることは想像に難くない。
また、その分類上の境界となる条件も曖昧であったので簡単に調べてみようと思う。

調べた結果としては至極簡単なものだった。
それほど特記すべき点もないので以下羅列。

アラン・ハイネック博士によって命名された分類法。
その際は三種までだったようだが、現在は五種まであるとのこと。

「第一種接近遭遇」
至近距離でのUFOの目撃を指す。
至近距離とは大体180m以内での目撃、かつ物理的痕跡の無い状態のことを
第一種接近遭遇と分類している。

「第二種接近遭遇」
第一種接近遭遇の条件に
「物理的痕跡があること」が付加されたものが第二種接近遭遇。
簡単に言えば至近距離でUFOによる物理破壊、
ミステリーサークルの形成を目撃した、
という状態を第二種接近遭遇と分類しているわけだ。

「第三種接近遭遇」
上記の二つと異なり、第三種接近遭遇はUFOの目撃ではなく
UFOの搭乗者の目撃をもって第三種接近遭遇と分類する。
この際、UFOからの乗降者の目撃はもちろんのこと、
UFOの窓(あるのか?)から搭乗者が見えた、
搭乗者が遭遇者の部屋の窓からこっちを見ていた(UFO未確認でも)、
なんて状態でも第三種接近遭遇になるようだ。
端的に言えば家の玄関から出たら宇宙人がいた、でも第三種接近遭遇である。

「第四種接近遭遇」
第四種接近遭遇は第三種接近遭遇の上位互換。
「見た」ではなく一定の「コンタクトを取った」状態を指す。
UFOに誘拐された、インプラント(体内になんらかの金属を埋め込まれること)といった
遭遇者がUFOからの物理的接触を受けた場合と、
UFOを拘束した、搭乗者を拘束したといった
遭遇者による物理的接触の両方が第四種接近遭遇と分類される訳である。
怪しげな「宇宙人解剖ビデオが流出した!」とかいうテレビ番組は
第四種接近遭遇に相当するのである。(本物なら、ね。)

「第五種接近遭遇」
このあたりになると正規の分類なのかどうかちょっと如何わしいのだがとりあえず。
第五種接近遭遇は第四種接近遭遇の亜種といった様相。
特定の遭遇者が複数回のUFOによる誘拐を受ける状態を
第五種接近遭遇とするようだ。

以上のような条件によってUFOとの接触を分類しているのが「接近遭遇」である。
突き詰めるともう少し詳細な分類も付加されるようだがその辺は割愛。

そういえば第三種接近遭遇については
「UFOの搭乗者の声やメッセージの認知」によって分類されることもあるとのこと。
日々怪しげな電波を受信している知人の渡部君には一考を期待する。
その電波の0.01%くらいは第三種接近遭遇の可能性が否定できない。
彼が人類で初めてUFOの存在を証明する者になるか、
塀の中の住人になるか生暖かい視線をもって見守ろうと思う。

できれば前者であることを神に必死でお祈りしつつ、これにて終了と致します。
( ゚Д゚)ノ†<マグヌースエクトシスムス!!
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hawker.blog2.fc2.com/tb.php/3-67585251
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。