プロフィール

埜鷹

  • Author:埜鷹
  • since:2004/11/12

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

白く、近く、柔らかに。

森博嗣 - 著作物

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

空想と妄想の境界線
どうせなら、手首より首が良い。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーストラリアGP-感想
春眠暁を覚えずってやつですかね。
布団の恐怖ってのを連日で体験しています、埜鷹です。こんばんわ。

対策として布団をかけずに寝るあたり、ダメダメなのが良く分かりますわぁ。
タイミング間違えて、起きるのが早すぎたりしても挫けません。
もう少し起床時間遅らせられたら嬉しいんだけどなぁ。無理だよなぁ(ノД`)

なにはともあれオーストラリアGP。

大荒れの予選で始まった開幕戦ですが、最後まで面白いGPでしたね。
ルノーの速さが際立ったGPだったかと。
安定して逃げ切るフィジケラと13位からドンドン順位を上げていくアロンソ。
アロンソは個人的に応援しているドライバーなのでビルヌーブをオーバーテイクしてからは
映像に釘付けになりました。
ラップタイム確認しながら、縮まりつづける前車とのタイム差に興奮です。
30週目のトゥルーリをオーバーテイクした際には思わずガッツポーズするくらい。
ばっさりと斬ってすてたという言葉がピッタリ当てはまるような綺麗なオーバーテイクでした。

ルノーに関しては信頼性に不安があるようですが
再来週のマレーシアでそれもはっきりするでしょう。
戦えるだけの信頼性を確保できていたら、本当にフェラーリを食える存在かもしれませんね。

オープニングラップでその存在をアピールしたクルサード先生もかっこよかった(/ω\)
なんか仕事してるなーって感じで渋いです。
ウェバーは結局最後までクルサードの後を追い続けるGPになりましたね。
こういった個人的注目ドライバーが活躍したGPなのでかなり楽しめました。

フェラーリの相変わらずの戦力も怖いところ。
トヨタは後半落ちましたが、それも今後改良されてくるでしょうし
マクラーレンはちょっと運がなかっただけで他チームに劣っている訳ではないでしょう。
レッドブルの意外な完成度といい今年はやはり面白くなりそうです。

今回のGPはいろいろなところで渋滞がありつつも
その分対決も多かったので見所の多いGPだったと言えるんじゃないでしょうか。

早くも再来週が待ち遠しいですねぇ。
いろいろと想像を膨らませながら、今回はこれにて終了でございます。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hawker.blog2.fc2.com/tb.php/19-39754211
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。