プロフィール

埜鷹

  • Author:埜鷹
  • since:2004/11/12

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

白く、近く、柔らかに。

森博嗣 - 著作物

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

空想と妄想の境界線
どうせなら、手首より首が良い。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今更F1を振り返ろう
オムライス作ろうとしたけど卵焼き部分で上手く包めませんでした。
埜鷹です。こんばんわ。

チキンライスも卵焼きも上手にできたんだ。
卵焼きはもちろん半熟状態(確定事項)。
しかしチキンライスの配置に失敗。。。
勢い余って卵焼きのど真ん中にドロップ!
上下からフライ返しするも届かなーい繋がらなーいヽ(`Д´)ノ
強引に繋がっていない部分を下に配置することで体裁だけは保ちましたが
食べながら崩れゆく我が子は涙無くして語れないありさま・゚・(ノД`)・゚・。

まぁ完成後にケチャップが無いことに気づいたために
どうも一味足りないオムライスという微妙な食卓になったわけで。
それならしっかりと包まれていない事など取るに足らないことなわけで。
だから全然気にしてません。ええ気にしてませんよ。気にしてねぇよ。

気にしてないのでさくっと気持ちを切り替えて
今更ながらF1マレーシアGPとバーレーンGPについて個人的に頭を整理しよう。
まずはマレーシアGPについて。
当日はテレビでの観戦ができなかったので録画映像でチェック。

マレーシアで一番印象に残るのはやはりトヨタか。
いくら金かけても勝てないのがトヨタ流だと信じていた私は裏切られた気分。
さすがにその道のプロをかき集めただけのことはあるということか。
別にアンチトヨタっていう訳ではないのでトゥルーリには賞賛。
今後の他チームの巻き返しにどれだけ食い付いていけるか楽しみ。
レース前に木村拓哉が来てたみたいだが正直どうでもいい(ぉ
(↑新ドラマ「エンジン」収録のため)
トゥルーリ・ラルフと三人で並んで撮影とかされてたけど
ドライバー二人から見たら「こいつ誰?」って感じじゃないのかねぇ。
木村の場違いさが非常に笑えたシーンでした。まる。

ハイドフェルドの3位表彰台も久しぶりの事だったようだけど
完全にトヨタに話題を持っていかれて可哀想でした。
頑張れ、ウィリアムズならまだまだこれからもチャンスはあるさ・゚・(ノД`)・゚・。

優勝したアロンソは「まぁ、妥当なとこだろ」って感じなんでスルー。
レッドブル2戦連続ダブル入賞はグッジョブ(*´∀`)b
BARのダブルエンジンブローには唖然。狙ってやったのなら一生ついていく。
フィジケラとウェバーの接触は許せる事故。
フィジケラが突っ込みすぎたのは間違いないと思うけど
レースとして競い合ってるわけだからそんなこともあるでしょ。

全体的にアロンソ逃げすぎで地味なレースだったんじゃないかな、というのが感想。
もうちょっとルノーに食らいつくチームが待たれる、というレースだったかと。

続いてバーレーンGPについて。
このGPの注目はやっぱりフェラーリの新車F2005。
王者復活なるか、ってことで注目度は高かったですね。
テスト走行の時点で不安視されている部分もあったけど
対ルノーでGPを盛り上げてくれるのを期待してました。

終わってみるとノーポイントだったわけですが
相応の速さを見せてくれて個人的には安心してますね。
トラブルまではしっかりアロンソに食い付いてましたし。
フェラーリはずば抜けた速さが無くても勝てる戦略ができるチームだと思ってるんで
むしろ互角かちょっと負けてるくらいの方がGPとしては見てて楽しそう。
次戦では信頼性も向上させてくるだろうし、期待できそうです。

とまぁフェラーリファンでもないのに期待してしまうのは
「アロンソ空気読め」な展開が怖いから。
アロンソは好きですが圧勝し続けられてもちょっとねぇ。
好きなドライバーに「見てて楽しくないGP」をされるのはちょっと嫌。

早々にトラブルで泣かされたフェラーリに変わって目立ってたのが
マクラーレンのデラロサ。とにかく熱かった。
オーバーランの連続だったけどそれでも抜きに行く姿勢は見てて楽しい。
マクラーレンじゃ正規ドライバーになるの辛そうだけど応援したくなる。
ブルツも評価高いようだし、大変だ。
今まで地味な感じのレースが続いたマクラーレンだけど、やはり怖い存在か。
ライコネンが3位表彰台に乗っても全然嬉しそうじゃなかったのがグット。
下半身露出大の字熟睡男は頂点にしか興味はないか。

とりあえず最後にギリギリでポイントゲットしたクルサード先生にまろやかな拍手。
今後もテレビに映らずにポイント獲得していってください。

またもやアロンソ逃げすぎなGPでしたが
ヨーロッパラウンドへ向けた希望の持てるGPでもあったかと。
レース中にデラロサで楽しみ、レース後に先生に笑わせて頂いて
後味よく見終われたGPでした。まる。

締めるのも面倒になったのでこれくらいで。
適当に思い付きでが信条さ。気にしたら負け。
そんな感じで今回は終了と致します。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hawker.blog2.fc2.com/tb.php/18-32b82147
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。