プロフィール

埜鷹

  • Author:埜鷹
  • since:2004/11/12

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

白く、近く、柔らかに。

森博嗣 - 著作物

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

空想と妄想の境界線
どうせなら、手首より首が良い。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来年の話でも鬼は笑わない。
ストーブリーグが文字通り熱い熱い。┐(´~`;)┌
空想と妄想の境界線。

F1GPのストーブリーグが面白くなってきました。
以前にも挙げたかもしれませんが私は週間エフというネット情報誌を愛読している。
その中でもいろいろと取り上げられていました。

中心はバトンの去就だが、その影響を受けるBARは大変な状態だ。
候補だけで5~6人いるようだが私の希望としては琢磨、バリチェロ体制かな。
アンソニーも見てみたいがやはりアマプロ対決は興味深い。
1度は険悪な関係になった二人がチームメートとして上手くやっていけるのか見物だ。
とはいえバリチェロのアマチュア発言も昔の話。今まで引きずっているとも思えない。
何気に良い雰囲気で戦えるのではないかと。
ベテランのバリチェロの存在はBARには良い影響を与えるような期待がある。
今年は雑多な要因で苦しんでいるBARだが
潜在能力はトップチームに引けを取らないものだと私は思っている。
バリチェロならそれを安定した力としてもらえるような気がするのだ。

さらに言うと私も日本人である以上、日本人初優勝が見たい。
琢磨が外されるような状態は少々悲しいのだ。
実績としてはバリチェロにもバトンにも負けているのが実情だとは思うが
もう少し今後の成長を信じていたい。
現状の攻め過ぎてはいけないF1は琢磨の走りに合わないように思う。
だがそれは琢磨の走りが悪いとは思わない。
琢磨の良さが失われない形でのF1になればいいのだが。

正式な決定がいつになるのかは分からないが
その結果には注目して待とうと思う。
頑張れ、琢磨。そしてクルサード。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hawker.blog2.fc2.com/tb.php/104-44c50be3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。