プロフィール

埜鷹

  • Author:埜鷹
  • since:2004/11/12

カレンダー

02 | 2005/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

白く、近く、柔らかに。

森博嗣 - 著作物

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

空想と妄想の境界線
どうせなら、手首より首が良い。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山あり谷あり
PC壊れました。埜鷹です。こんばんわ。

それは先日のこと。
十分とは言えないほどではあるが、それなりの睡眠に気分良く目覚めた私が見たのは
静まりかえったMYパソコン。

寝てる間もしっかり働かせておいたはずなのに、
モーニングミュージックも奏でられることなく、あるのは真っ暗な液晶画面のみ。
電源ボタン押してもなんのリアクションもしてくれない。
定番の熱暴走かな?(定番なのもどうかと思うが)

マザーからモニターまで各所ばらしつつ調べたところ、
結果としてはいつもどおりの電源故障(ほんとに熱暴走)。
毎回不良品の電源を買っているのか。
電源が真っ先に壊れるほどPCを酷使している私がおかしいのか。
みんな電源壊してるけど言わずに隠しているだけなのか。
きっとみんな隠してるんだ!
私だけじゃない!私が廃PCUserなんじゃないんだ!違うよね?違うよね!!。・゚・(ノД`)・゚・。

まぁそんなわけでグンニョリな今週だったわけですがそれだけで今週は終わりません。
PC壊れててログインできなかったけどマビノギOpenβも始まってますし、
PC壊れてて情報収集できなかったけどF1マレーシアグランプリも始まってますし、
週末三連休で旅行も行っちゃいますよっ!!

・・・Σ(゚ロ゚ )ハッ!
旅行してたら前二つ楽しめないじゃん(つД`)

とりあえず無理して他のも楽しむ方向で頑張ってみよう。。。
上記3点について細かく書くのは後にしておくことに。
これからは時事ネタもいろいろ考えていきたいしプロテスタントにも目を通さないと。
当分ネタには困らないで済みそうだ、HAHAHA。

そんなこんなで旅行準備のためこのへんで。
次回はネタがあるのであとはやる気だけです。
ちゃんと更新しますようお祈りしつつ、これにて終了とあいなります。

スポンサーサイト
なんか疲れすぎ
疲れてます。埜鷹です。こんばんわ。

なんか仕事終わって帰って一息入れてるといつのまにか意識ないです。
ていうか今まで意識ありませんでした。

ゆとりある生活がもっとーの私としては我慢ならん!
上司なんとかしる!とか文句言っても結局変わらないわけで。。。
あー明日も6時起きだ('A`)ノ

風呂→カレー→熟睡のトリプルコンボさっさと決めてしまおう。
次の調べ物はプロテスタントに関してになります。
しかしながら
すでに図書館から本借りてる状態なのに上記の理由で読む時間がない。
いつになるのか分かりませんが、
次回の調べ物ができるくらいの余裕ができますよう、誰でもいいからお祈りしておきます。
(* ̄д ̄)人†ナーメン

よく分からないものを考える-カトリック教会④-
Boogaloobがお気に入りです。埜鷹です。こんばんわ。

知り合いに話しても誰も知りません。昔からこういうことは多いですが悲しすぎる(ノД`)
一青窈でもm-floでもこんな悲しい思いをしましたねぇ。
ここで視聴できるから聞きやがれ( ゚д゚)、ペッ

聞く側の精神状態によるとは思いますが、
このグループの雰囲気ってものに酔えます。
酔いっぱなしで渋谷HMVまでCD買いに行ってCCCDだと分かってガックリしたりします。
東芝EMIのバカー(ノД`)
PCで聴くのがメインの私にCCCDはタブーです。
宿敵です、恋敵です。藁のように死んで欲しい対象です。
時世の流れも撤廃に進んでいるようなので
ぜひ東芝EMIさんにも撤退&再販を希望します。
ありえないだろうけど・゚・(ノД`;)・゚・

そんなこんなでカトリック第四段スタートです。
とか言いながらカトリックとは別の話。
今回は「東方正教会」について、簡単に触れてみようと思う。

東方正教会とは、キリスト教の宗派の一つでありカトリックとは多少違う点がある。

元は一つであったカトリックとの決別の主な要因となったのが「単性論」。
五世紀頃の公議会において、お偉いさんによって
キリストには「神性」と「人性」の二性が内在するという公式見解が出されたことが始まり。
キリストに内在するのは「神性のみ」と説いていた単性論者は非難の対象となり、
結果としてその溝は埋まることなく分裂することになる。
※単性論者をモノフィジートというらしい。

正統派の教会と決裂した単性論者らは
自らが正しいことを主張し「東方の正統な教会」つまり「東方正教会」として
その後カトリックとは別の歴史を歩むことになったようだ。
ちなみにここでいう「東方」とはローマ帝国以後のヨーロッパ世界における東であり、
別に日本やら中国やらを指し示すものではないので注意。

単性論が決別の起点となったことは間違いないが、
信仰において両者の認識が異なる点は他にもある。
決定的な決別が行われたのは十一世紀のこと。

その要因は二つ。
教皇の在り方。そして三位一体の教義について。
東方正教会では、教皇はもっとも名誉のある司教ではあるが
あくまで司教の一人であり、何かしら権力を持ち得る存在ではない、と考えている。
だがこの時代のことである。宗教と時の権力が密接な関係であったことも良く分かる。
その辺りの価値観の相違というものが顕著になったのが要因の一つ。

そして三位一体の教義について。
「父」「子」「聖霊」の中でも「聖霊」に関する考え方が一致しなかった。
ローマ・カトリック教会は「聖霊は父と子から発出する」と主張するが
東方正教会では「聖霊は父からのみ発出する」と主張していた。

こういった要因が決定打となり東方正教会が形作られていくわけである。

大まかにみてきたが
東方正教会のイメージは、より原始的に信仰を行う宗派という感じだろうか。
神、というか「父」をより厳密に神として認識しているように思える。
教会の伝統を重んじ、原始キリスト教の考え方に重きをおく。
そんな信仰を続けている方々が東方正教会の方々なのでしょう。

正直無宗教の私には「どっちでも良いんじゃないの?」っていう違いですが
本人たちにとってはとても大事なことなのでしょうねぇ。
深いような浅いような。。。
結果としてその後の歴史には大きな違いが生まれるのですから、
なかなか難しいもんですね、信仰とは。

とりあえず東方正教会についてはこれくらいで。
次はプロテスタントについて触れてみましょうかねぇ。
カトリックとの対立とか、現代でも騒がれるその関係がどのようなものなのか。
次もまたやる気になるようお祈りしつつ、これにて終了でございます。

オーストラリアGP-感想
春眠暁を覚えずってやつですかね。
布団の恐怖ってのを連日で体験しています、埜鷹です。こんばんわ。

対策として布団をかけずに寝るあたり、ダメダメなのが良く分かりますわぁ。
タイミング間違えて、起きるのが早すぎたりしても挫けません。
もう少し起床時間遅らせられたら嬉しいんだけどなぁ。無理だよなぁ(ノД`)

なにはともあれオーストラリアGP。

大荒れの予選で始まった開幕戦ですが、最後まで面白いGPでしたね。
ルノーの速さが際立ったGPだったかと。
安定して逃げ切るフィジケラと13位からドンドン順位を上げていくアロンソ。
アロンソは個人的に応援しているドライバーなのでビルヌーブをオーバーテイクしてからは
映像に釘付けになりました。
ラップタイム確認しながら、縮まりつづける前車とのタイム差に興奮です。
30週目のトゥルーリをオーバーテイクした際には思わずガッツポーズするくらい。
ばっさりと斬ってすてたという言葉がピッタリ当てはまるような綺麗なオーバーテイクでした。

ルノーに関しては信頼性に不安があるようですが
再来週のマレーシアでそれもはっきりするでしょう。
戦えるだけの信頼性を確保できていたら、本当にフェラーリを食える存在かもしれませんね。

オープニングラップでその存在をアピールしたクルサード先生もかっこよかった(/ω\)
なんか仕事してるなーって感じで渋いです。
ウェバーは結局最後までクルサードの後を追い続けるGPになりましたね。
こういった個人的注目ドライバーが活躍したGPなのでかなり楽しめました。

フェラーリの相変わらずの戦力も怖いところ。
トヨタは後半落ちましたが、それも今後改良されてくるでしょうし
マクラーレンはちょっと運がなかっただけで他チームに劣っている訳ではないでしょう。
レッドブルの意外な完成度といい今年はやはり面白くなりそうです。

今回のGPはいろいろなところで渋滞がありつつも
その分対決も多かったので見所の多いGPだったと言えるんじゃないでしょうか。

早くも再来週が待ち遠しいですねぇ。
いろいろと想像を膨らませながら、今回はこれにて終了でございます。

オーストラリアグランプリ開幕!
一日かけての大掃除が大成功してご満悦の埜鷹です。こんばんわ。
いいねぇ、ピカピカ広々。すっきりして気分も好調ですよ、あんた。

ただ一つ。部屋中ひっくり返したにもかかわらずその存在を確認できないものがある。
「耳かき」である。

2本ストックしていたにもかかわらず両方ともその姿が見当たらない。
why? why not!!

無いと認識するたびに耳かきしたくなるのはどこの組織の罠ですか(ノД`)シクシク

whyという単語を見るたびに坊やだからさと続けたくなるのも仕様です。
仕様といったら仕様なのですからそれ以上の質疑は一切拒否されますあしからず。

さてさてタイトルにあげましたオーストラリアGPについて。

F1です。Formula 1 2005Seasonがついに開幕する(というかした)わけですよ。
金曜は仕事の合間に携帯でフリー走行の様子をチェックしたりして、
単独でテンション上げまくっているわけです。
(身近にF1仲間がいないので一人で楽しむことが多いですでも泣きません泣いてないよ!)

今年からレギュレーションが変わって土曜に予選前半戦が行われました。
(日曜朝の予選との合計タイムで決勝のスターティンググリッドが決まります)

と言っても私はCSに加入してないので映像で楽しむことはできませんが、
LT(と実況スレ)で気分だけ堪能させていただきました。

結果から言うと明暗分かれすぎでヤバすぎ('A`)ノ
予選途中での天候の変化が著し過ぎで新レギュレーションの意味がない。

合計タイムで競うわけだから明日も予選があるわけですが、
現状で覆ることなどほとんどありえないってくらい差がついている。
晴れてる時にタイムを出せたドライバーと突然の雨に泣かされたドライバー、
昨年のチャンピオンのミハエル・シューマッハがトップから24秒遅れって(ノД`)

周回時やピット作業でゼロコンマ数秒を競い合う世界で
それだけの差ができてどうしろと。
これじゃ去年までの予選1回方式となんら変わりないじゃないですか。。。
運の無かったドライバーは決勝だけしか考えなくなるだろうし、
明日の予選は正直どうでもよくなってしまいますよねぇ。

今年はいろいろと見所があって期待できるシーズンなのに
開幕戦からこの調子はホンキで凹みますよ。

暗いことばかりじゃ気が滅入るので期待してること書いてみましょう。
復調の兆しの見えたマクラーレンのタイトル(or フェラーリへの)挑戦。
安定した速さでテストの主役になったルノー(個人的にはアロンソ)。
新規参戦を果たしたレッドブルがどこまで戦えるのか(個人的にはクルサード先生)。
BARホンダ念願の初優勝が果たせるか。
初のインド人ドライバー、カーティケヤンの実力は。
人もマシンもこれまで以上に金をかけて必死なトヨタがどこまで食い込んでくるか。
フロントウイングの顎ってホントに凄いの?なフェラーリ。
クリリンVSフリーザ様対決はあるのか!?

簡単にあげるだけでもこれだけ、他にもまだまだある訳ですが。
なんか書いてるだけでワクワクしてきます。
明日は用事があってリアルタイムには楽しめませんが、
永井や山田に耐えながら地上波で頑張ろう、、、・゚・(ノД`;)・゚・

どうか2003年くらいの接戦でGPが進行しますように。
どこの神様でもいいのでよろしくお願いします(* ̄д ̄)人


マビノギ小話2
興が乗ったので、連続更新します。(だいたひかる風)
・・・。
自分に合わない書き出し使うとなんか続かなくて困ります。埜鷹です。こんばんわ。

前回に続いてマビノギ話。

まぁ、街は暴徒で溢れ返っているわけですが、
流行に遅れてはならないとばかりに私も参加。

ボロボロとアイテムを入手しつつそれに何の意味があるのさえ分からない。
こういう感覚は久しぶりで新鮮です。
RO初期もこんな感じで彷徨いましたねぇ。

マビノギでは、唐突に鳥がクエスト内容を届けてくれるシステムがあります。
これってとてもよいですね。

とりあえずそれをやってゲームに慣れることができます。
クエスト内容とどうするとそれが達成できるのか、簡単なヒントを与えるとともに
クエストを通してゲーム内でできることを順次教えてくれるわけです。

内容としても羊の毛を刈って糸を作ろう!とか
木の実を集めて○○さんに届けよう!みたいな健全なイメージ。
やってることは羊の無断借用やら街路樹の殴打なわけですが。

そういった初期クエストに関して総評すると、
簡単で楽しい、良い。という感じ。

ただお店で販売されている装備類がちょっと高いなぁとも思う。
まぁROと大差はないわけですが、多少根気がないと先には進めないので
ライトユーザーを自認する身としてはそこが壁になりそう。

基本的にのんびりした雰囲気を重視しているようで(街には殴打音が絶えませんが)
クエストもそういったものが中心になっていくよう。
こういう路線は好きなので継続してくれるといいな、と個人的には思います。

ちょっと眠気とか危険な状態なのでここで打ち切り。
次回も更新できますよう、一時終了と致しまーす。

マビノギ小話
今日はもっと早い時間から雪だと思ってたのに帰宅まで天気が持ち堪えてしまって
微妙にグンニョリな埜鷹です。こんばんわ。

がっちり用意していた雨雪対策を目に、溜息と煙草が止まりませんよ。
槍が降ろうと煙草は常時止まりませんが。

週末まで狙いすましたかのように悪天候ですなぁ。
また布団干すのが順延となりますかそうですか。
このままぺったんこな布団で日々を過ごせと仰いますかそうですか。
そーおーでーすーかー。

父と子と聖霊の御名においてお祈りします。土曜だけでも晴れにしてください。
こんなこと言っても天罰はやめてください。やめてくださいやめてくださいやめてくd

閑話休題。

マビノギ感想第二弾でネタ切れ調べ物メンドクセ隠滅作戦ミッションスタート。
マビノギでキャラクタを作成する際にはカードが必要のようです。
無料分として一枚、デフォルトで用意されているのでテストに支障はありませんが、
プレミアムもの(有料)でないと
キャラクタの見た目に使用できるバラエティが限定されてしまうとのこと。
まぁそれでも半分以上使用できるので特に困ることはありませんが、
そんなことも知らなかった私は
「なんでできへんのー」とごろごろを部屋を転げまわってのた打ち回る。

結果としてデフォルトで作成が完了してしまうというアフォ全開Modeで
エリンに降り立ちます。

そこにいたのはナオというNPC。
ROでいうレオ=フォン=フリッシュみたいな人。
ゲームについていろいろ教えてくれます。

詳しく知りませんがここでなんかいろいろすると
男性が喜ぶサービスがあるとかなんとかゴニョゴニョ

流し読みしたところ、結局他のMMORPGと大差は無いと判断。
さくっと飛ばして本編にGO(ナオ氏南無)

早速他PCがガツガツモンスターと戦ってるわけですが
俺はさくっと街まで疾走。
そこで始めに驚いたのが、街の人々の行動です。

そこらじゅうで木やら電柱やら看板やらを攻撃し続ける人々。
街中を響き渡る殴打、殴打、殴打の音。
BGMも聞き取りにくくなるほどのその音には唖然を通り越して笑えます。
お前らどこのテロ組織だ。('A`)ノ

実際にはクエストの一部のようで。
木を殴って木の実やら木の枝やらを手に入れて業者に渡す、とか
看板殴って釘を手に入れて業者に渡す、とか。

前者も「殴って取るのかよ」と突っ込みたいところですが
後者は明らかに犯罪です。
業者が作ったものから釘を取って業者に渡す。
あ○る優も真っ青だわ('A`)

まぁ結局私もそれにまざってクエストをこなしていくわけですが、
まとめて書くのも面倒なので次の機会と致しましょう。
次回も更新する気になるようお祈りを捧げます。(* ̄д ̄)ノ†アーメン



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。