プロフィール

埜鷹

  • Author:埜鷹
  • since:2004/11/12

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

白く、近く、柔らかに。

森博嗣 - 著作物

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

空想と妄想の境界線
どうせなら、手首より首が良い。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横棒に挿されて。
棒を立てたら快適生活。
空想と妄想の境界線。

唐突な話だが、Sidebarを導入してみた。
次期Windowsに標準搭載されるなんて話で存在だけは知っていたが
特に興味もなかったのでスルーしていたのが失敗だったと断言できるほど良い。

元来QuickLaunchを多用しWindowsのスタートボタンをほとんど使わない私としては
ショートカットが省スペースに整然と配置できるのは心地よい。
分類ごとの整理も容易でカスタマイズ性も高く、
今後は手放すことができない環境になっている。

MSNメッセンジャーとWMPが格納できることも嬉しい。
メッセンジャーは多少レスポンスに難があるが、
あのウインドウが正直邪魔だったのでそれをクリアしているだけで十分許容範囲内。
WMPに関してもそうだ。
いろいろなムービーやPVに目を通す私としては
WMPのウインドウがあると他の作業に支障が出る。
それがSidebarに格納されたため、
他の作業を最大化して行っていてもムービーを見れるようになった。これが最大の価値。


使ったことの無い人間は一度使ってみろと声を大にして言えるもの。
奥さん、この横棒…一本試してみませんか?


スポンサーサイト
わたしたちの若葉君
初めて挟まれた時、予想以上に興奮しませんでした?
空想と妄想の境界線。

素敵だと思うんです、挟まれるのは。
刺激的にはそれほどでもないと思うんですが、なんかクルものがあります。

黒い感情は抜きにしてもなんとなく優越感のようなものがありますし、
心から自分が慕われていると実感できるような気がします。
そんな幸福の一時、だれしも一度は体験するべきでしょう。


という訳で買ったまま放置状態にあったライトノベル「わたしたちの田村くん」の一巻を読みました。
一ヶ月ほど放置してそのままにしてましたがせっかくですからね。このまま寝かせておいても仕方が無い。

読んでみた感想としては「あーライトノベルだなぁ、これは。」という感じ。
リアルな方向にちょっと重い過去や問題を持った萌えを重視したちょっとありえないキャラクター達が織り成す
ドタバタとした寸劇の繰り返しというライトノベルの王道を地で行くタイプでした。

年に1~2冊程度しかライトノベルを読まない人間としてはこういうのもたまには良いものです。
頭からっぽにして楽しめたので値段分の価値はあったでしょう。


女子二人に挟まれた一人の男子を描いたお話ですが、正直ちょっと不満もあります。
女子二人の鍔迫り合いが重視されているものだとばかり思っていたのですが
一巻ではそれぞれのキャラクターがすれ違いに入れ替わってそれぞれの馴れ初めが描写されるだけなのはあざとい。
二巻でそういった方向に持っていくことを示唆しているあたり出版社のあざとい戦略が垣間見えて苦々しいのだ。

ついそのまま書店へ直行してしまいそうになったが一服いれてCoolDown。
このまま踊らされてしまっては負けかな?と思っているので頭から完全に消去された頃に気が向いたら買おう。
気が向かないようなら縁が無かったと諦める。読書なんてそんなもんでいいと思うわけです。

しかし文章としては読んでて面白いと思えるものだったのは確か。
例に漏れずマクドナルドで読んでた訳ですが、店内でニヤニヤしている不振な客を演じてしまいましたし。
ライトノベルタッチのギャグが好きな人なら押さえておいて損は無い出来だったと思います。
もう少し特殊な要素を扱ってくれるようになる事を期待します。

さて、あと二冊のライトノベルもさくっと読んでみる事にしましょうか。


蜘蛛の糸
蜘蛛の糸に絡め取られる人生もまた良し。

そんな日常を繰り返す今日この頃、スパイダーソリティアに嵌っている。

XPに標準搭載されているゲームだと思われるがこれがなかなか単純明快に面白い。

私は昔から注意力が散漫なときの対応策としてこのような単純なゲームに没頭することがある。

単純ではあるがちゃんと周りが見えていないと上手くクリアできないので自分がどれだけ集中できていないか良く分かる。

更にゲームに没頭し続けるにつれ段々とクリアへと近づいていく感覚が実感できる。

そしてクリアに到達した際に、私の脳はゲーム前とは比較にならないほどの集中力を取り戻し、

ゲームクリアという達成感とともに心地よく穏やかな気持ちでその後の課題に取り掛かれるようになるのである。



これまではWindows2000だったのでソリティアやハーツがその役を担っていた訳だが

もうそれらに戻ることは無いだろう。

スパイダーソリティアにはソリティアやハーツには無い深みがある。

難易度調整もできるのでその時の心的重症度によって対応を変化させられるのも大きい。

是非一度体験してみることをお勧めする。

おめでとうございます。


ちゃんと出るとは思うが確認してみる。
空白の時間だって僕等には愛しいものだと思えるのさ。
空想と妄想の境界線。

意味は推して知るべし。

そんな感じで自宅PCを再構築しました。

具体的にはHDDの容量を400Gほど増量。
アーンドWindowsXPの導入でございます。

来年末には次期Windowsが出るとかいう話もありますが、
まぁとりあえずは最新式のOSな訳で。
やっぱり2000と比較すると楽になってる面が多いです。
例を挙げると大容量HDDへの対応とか。
今までの2000だとレジストリ弄ったり結構面倒だったんでそれがなくなったのは嬉しすぎ。
まだ慣れてない部分もありますがそれなりに好調な出だしですよ。

しかしなんだね。
なんでXPだとデフォルトの状態があんなに隠蔽気味なのか。
スマートなイメージとか出したいのかもしれんが必要な情報は出しておこうよと。
タスクバーを隠すな、クイックランチを出しとけ、プログラムのリアクション遅すぎ。
デスクトップにアイコン並べようよ、あれ、人の個性出て面白いじゃん。
まぁ全部自分好みに設定しなおしたからいいんだけどー。
やっぱり自分の作業領域ってのは手に馴染んだ状態がいいです。
ちゃんと設定で対処できるようにはなってるし、とりあえず良しとしましょう。

それ以外の部分としてソフトウェアの影響に違いが出ててちょっと面白い。
2000で使っていたのと同一のソフトウェアでも仕様が大分異なる。
2000だとここまで機能制限を受けていたのかといろいろ驚いている訳だ。
いちいち一つ一つの変更点を書いても仕方がないので省略するが、
感想は「乗り換えて良かった」の一言だろう。
さらば。Windows2000。セカンドPCを導入するときまでゆっくり休みたまえ。

とまぁ今回の記事は動作確認の意味も込めてなのでこれくらいで切り上げる。
あとで時間があれば、再び妄想と空想の狭間を揺蕩う事としよう。
体調不良なので愚痴しか書いてません。
どうにもこうにも体調不良。
空想と妄想の境界線。

頭がボーっとして日々の行動に支障が出てます。ヽ(´▽`)ノ
そんな訳でお仕事もお休み。
のんびり~まったり~。
あああ、頭痛い…。

先日も原付で人身事故起しそうになるくらい頭がボーっとしてます。
やばーい。まずーい。こんな状況はイカーン。
なにか!なにかリフレッシュできるものを探さなければ!!

なにがあるだろう。
F1はもう観たし、小説読むほど頭が動いていない。
映画じゃ上映中に寝ちゃいそうな雰囲気だしこの辺に美味いお店も特に無い。
月見バーガーはとりあえず食ったけどあれは1年に一回で十分だし…。
ここはもう酒か?酒浴びるように飲んでそのまま泥酔して爆睡ですか。
いーやー。そんな人生嫌ぁぁ。

原付乗り回すのも熱いわ危ないわで避けたいし…。
もうどうしたらいいんだ。

仕方が無い。あいつのところにしけこもう。
こういう時ばかりだな。こんなことは…。
いい迷惑かもしれん。そろそろ考えるべきか。

予定表。
メモ書き。

今後の予定計画表。
・F1イタリアGPの観戦。
・買い込んだ小説3冊を読む。
・NANAか容疑者室井慎次を観に行く。
・安売りしていた焼きソバを早いうちに食べる。
・一緒に買った納豆の賞味期限にビクビクしながら食べ切る。
・布団を干す。
・ダンシング☆ファブリーズ。
・わかばのカートン買い。
・原付のメンテナンス。
・中型二輪免許情報収集。
・扇風機の清掃。
・月見バーガーを食す。
・唐突に誰かにm9(^Д^)プギャーする。

萌えってよく分からない。
今日は簡単に済ませよう。
空想と妄想の境界線。

この前の些事について簡単に箇条書きしていく。

私は道を歩いていた。
後ろから来た自転車が私を追い越した。
制服姿から察するに女子中高生といったところか。
その先にある上り坂へと向かうようだ。
勢いを上げていく。
立ち漕ぎで坂道に挑むようだ。
上り坂に差し掛かった。
苦しそうだ。
彼女を癒すかのように、風が吹いた。
捲れあがった。
腰のラインまで見えた。
ブルマだった。
体力の限界か、それ以外の要因か。
彼女は自転車を降り、そして自転車を手で押しながら坂道の先へと消えていった。

この小さな出来事に、貴方は何を思う?

[READ MORE...]
鳴くよ 男が にゃ~にゃ~と。
最近、唐突に「にゃ~」と鳴いている自分に気付きます。
埜鷹です。こんばんわ。

困ったものである。
主にフラストレーションが溜まった状態でその現象は起こっているようだ。
さすがにこの状況は見過ごせない。
まだ<語尾につける>状態までは至っていないので意識的に消去していこうと思う。

しかしこれは仕方が無いのかもしれない。
生粋の萌えキャラである私としてはこのような行動が世界から要求されてしまう。
今回の行動も私の身体的変化というより世界からの影響が大きいと予想する。
病んだ世界を癒そうと。
小泉ではダメだと。
世界が私にそう言っているのかもしれない。

という流れから衆院選の話を書こうと思っていたが変更。
「にゃ~」について書こう。

私のこの行動はある人物の影響であると思われる。
その人物とは遠い昔に私と二人の時間を共有した人物である。

現実を認識している二次元ヲタは言う。
「こんなキャラ実際にはいねぇよ」と。
確かにその通りだ。脚色の強い造形が多い事は確かだ。
だがそれが確実にいないとは言い切れない。一端を垣間見る事は比較的容易だ。

姉や妹の着替えを偶然見てしまうこと然り。
そして「にゃ~」と鳴く女もまた然り。
現実にちゃんと存在するのである。

とはいえその人物との関係は今をもって何も残ってはいない。
それにもかかわらず、何故今になってその影響を受けるのか。

思うに私の脳のデフラグが正常に作動しなかった為ではないか。
本来ならば快い思い出を前面に残し、悲しい思い出を深く仕舞い込む。
だが今回は良いも悪いもまとめて奥底に沈み込ませ、
「にゃ~」だけが前面に取り残される結果となっているように思える。
そのために彼の人物は私の中で「にゃ~の女」という認識になっている。

これは非常に心苦しい状況と言える。
彼の人物との関係には大切なものが多く紡がれた。
それと同じほどの苦しさもまた紡がれた。
私はその両者を切り捨てるつもりはない。
誇るべきことではない、だが悔むつもりもないのだ。

もう一度、今度は自らの意志を持って、記憶の再構成処理を行おうと思う。
どうかこの眠りの中で、再びあの笑顔と泣き顔に出会えますように。

お休みなさい。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。